天太鼓舞の歴史

豊田市で民謡の「淡伶会」を主催していた奥田ますみ氏が、日本太鼓「みずぐるま」を主催する浦野浩之氏と、今までと違った創作性のある太鼓を舞台で表現してみたいと意気投合したことがはじまりです。

まずは、1988年に「花巻会」の10周年にて「花巻太鼓」として誕生しました。その後、奥田ますみ氏は豊田市文化協会の会員に呼びかけて、1992年1月に「打ちます!踊ります!」をモットーに天太鼓舞夢一座を旗揚げしました。

最初のメンバーは、民謡をはじめ、三味線、太鼓、踊り、演劇、舞台芸術の関係者に参加してもらい、30名が集まりました。それぞれ専門分野があり、一年に一作品ほどのペースで作品を作り上げていました。一堂に会して練習する機会は少ないものの、地道な努力が実りはじめ、民謡会や、竣工式のアトラクション、芸能発表会のゲスト出演などで舞台に立ちました。しかし、これだけではもの足りず、いつかは自分たちの発表会が持ちたいと思うようになっていました。

そんなとき、一座は「ソーラン節」を県文化協会大会で演じる機会に恵まれました。第1作目となる「ソーラン節」は、当時、話題となりかけていた TAIKO の「ソーラン節」に踊りも加え、再アレンジしたものです。ソーランで、曲と踊りと太鼓を合わせて演じるという試みは成功しました。これが好評だったので、文協の全国集会に県代表として「じょんがら」を演じました。1994年の旗揚げから5年経ち、ようやく自主公演を行うことができるようになりました。

当初、天太鼓舞夢一座は、流派、社中に関係のない活動を目指し、一人の技術を広めるのではなく、それぞれの個性を活かしていきたいと考えました。会員には太鼓、踊り、笛、三味線などそれぞれ得意分野を持つ人も多く集めることができました。このことは今の活動にも影響していると思います。

主な略歴

1988年 花巻会10周年 花巻太鼓
1992年1月 天太鼓舞夢一座として旗揚げ
1993年10月 愛知県文化協会連合会主催 西三河支部芸能大会出場
1994年7月

愛知県文化協会連合会主催

全国大会出場(愛知県芸術文化センター)

1998年1月 夢一座らいぶ '98天太鼓舞
2004年2月 天太鼓舞夢一座バレンタインライブ
2004年7月

豊田市文化使節団として

イギリス・ダービッシャーへ演奏旅行

2005年6月 豊田市文化奨励賞受賞
2005年8月 愛地球博にて発表
2007年4月 「ライブ・阿修羅
2012年12月 天太鼓舞夢一座20周年記念ライブ「信長」
2015年8月 8/29 summer live
2016年2月 【あなたのために叫ぶ舞台〜Message from Gamushara〜】
   

ホームへ